食育

子どもの体をつくり
心を育てる

献立の基本

献立の基本

一日の活動に必要な栄養素をバランスよく取り入れた給食を提供しています。
手作りを基本とし和食中心の薄味に心がけています。調理法、季節感にも配慮しながら行事食、郷土食を取り入れ献立に工夫を凝らしています。また、食べ慣れない食材や料理も繰り返しチャレンジができるよう2週間のサイクルメニューを実施しています。

成長に合わせた給食

成長に合わせた給食

中期~後期の離乳食、3歳未満の乳児食、幼児食の4段階を提供しています。
特に離乳食は食べる事を覚える大事な時期のため、保護者様との面談を通じて、ご家庭での喫食、進捗状況を確認しています。
また、職員間の連携にも心掛けています。

アレルギー対応

アレルギー対応

医師より指示を受けた食品に対し、アレルギー対応食を提供します。
事前に保護者様と面談を行い対応内容を説明し、ご理解をいただく事を大切しています。
保育園での食物アレルギーの配慮が必要な場合は入園前面談にてご相談ください。

安心な給食のために

安心な給食のために

子どもにとって安心、安全な食材の選択に心掛け、取り扱っている食材の流通経路を明確に(食品トレーサビリティ)しています。その安全を自分たちで確かめるために、定期的に食品業者への視察を行っています。給食室では「大量調理施設衛生管理マニュアル」に基づき衛生管理、食品管理業務を行っています。

園の活動

園の活動

「いただきます」や箸の持ち方などの食事マナー、調理のお手伝いや園庭での野菜作りといった様々な活動を通して、食の楽しさや大切さを知ってもらいたいと思います。
園の規模によって活動内容は異なりますが月齢に合わせた活動を実施しています。

給食だより

給食だより

毎月1回発行しているお便りを通して季節感、献立の工夫またはそれに伴うWITHの取り組みをお伝えしていきます。
手軽に使えるアイデアやレシピを盛り込み、ご家庭での子育てに役立てるものを心掛けています。