WITHのこだわり
食の安全

「食」への取り組み   食材のこだわり

「食」への取り組み

優れた食文化「和食」をつなぐ

 昔より日本では、四季折々の自然の恵みを尊重し、食材をむだなく使うための調理や保存の工夫が暮らしの中で伝えられてきました。その上に、海外の食材や料理を上手に取り入れ、一つの文化として育んできたものが「和食の文化」として評価され、ユネスコ無形文化遺産に指定されました。
 WITHグループは国の伝統ある食文化「和食」を守り、未来に繋いでいくための給食献立、食材の提供、オリジナル商品の開発など様々な取り組みを行っています。

和食中心の献立

 私たち日本人の主食と言えば「米」です。
米飯は和食の基本であり、意外と盲点なのが「無添加食品」だということです。この米飯を中心とし主に「汁物」「主菜」「副菜」を組み合わせた「一汁二菜」の和食文化を大切にしています。
日本の伝統行事、郷土料理、海外に目を向けた行事食も取り入れ、給食から学ぶ「食育」も意識した献立を提供します。
「食」への取り組み

食材のこだわり

食の安全性

 近年、食品の産地・消費期限表示に加え、放射性物質・農薬・添加物の検査・管理基準など、「食の安全」に対する関心が高まっています。「食の安全」を強く求める人たちが増えている背景に、日本の食料自給率が低下していることや、震災による国産の食品に対する不安が出てきたことが考えられます。
 WITHグループは食品の安全性を追求する取り組みとし、食品の選定、食品の流通経路が追跡可能な仕組み(トレーサビリティシステム)、食品リスク管理の向上を徹底しています。

オリジナル商品

 和食の基本である「米」をはじめ、味の土台となる「だし」、日本の伝統食材の一つでもある「ひじき」や「切干大根」などの乾物、水分補給のための「麦茶」など、子どもに食べてもらいたいものだからこそ、厳選した原料、無添加にこだわったWITHオリジナル商品を作りました。「食の安全性」はもちろん、「保育園の子どもに合った食味」を大切にした商品です。

オリジナルブランド
「食」への取り組み

WITH ×イトーヨーカドー「顔が見える食品。」

 「顔が見える食品。」は、食の安全・安心を追求する取組みとして、イトーヨーカドーで展開されるプライベートブランドです。品質管理にトレーサビリティシステムを利用し、その情報を広く一般に公開した食品ブランドです。
国産であることはもちろん、生産者一人一人の『顔』が見える食品を保育園の給食食材として採用することで、より安心、安全な給食の提供を可能にしています。

 WITH GROUPで 
働きませんか?